ごあいさつ

代表取締役 酒井ふしき(酒井澄)

スタッフ全員がこだわり屋です。

私どもが作り出す映像は、お客様にとってはひとつひとつが大切な思い出・作品になります。
単なる業者という立場から見たら、沢山ある中の1つの映像制作に過ぎませんが、 私たちは、この「業者の目」で映像作りをしたくありません。
私をはじめスタッフ全員がひとつひとつの作品に対して、固定化された表現方法をとらず、 それぞれのお客様に合った映像制作を目指しています。

スタート時より、私がこんな制作スタイルを続けていましたので、集まってくるスタッフは、 似たもの同士、全員がこだわり屋になってしまいました。
こんなメンバーなので、常に被写体になってくださる方に、新鮮な目を向け、 こうしたらもっと良い映像になる、もっと工夫してみよう・・・もっとお客様に喜んでもらいたい! そんな気持ちでこだわりの映像を作っています。

こんな方針で会社を続けるのは、じつは大変です。
でも私たちの姿勢を理解してくださるお客様のリピートと、スタッフの熱意でここまで来ました。 これからも、この姿勢が変わることはありません。

aaa

料金を明確に表示した理由。

ホームページ上で料金を記載していますが、これはあくまでお客様に当社の料金相場を知って頂くためのもの。 まったく金額が見えない業者に問い合わせするのは、お客様が不安になるかと思い、記載しました。
ご相談頂ければ、お客様がご希望する内容や、低予算で作成する方法など考えさせて頂きます。 もちろん、提示料金以上の映像製作も可能です。

専門学校の講師をしています。

教育関係の映像制作がスタートだったため、本職の映像以外でも教育に関わっています。 不登校の子供たちのフリースクールの運営や講演、カウンセリング、 社会教育課の要請で地域のプレイリーダー養成講座や、キャンプの指導員などもしてきました。 得意技はロープ遊具の作り方です。また、遊び歌(金魚仮面がやってきたなど)も少々作っています。
日本児童教育専門学校の講師もしています。 情報という科目の中で、本職の映像をベースに、子供たちの立場に立った映像の楽しさ、 情報の伝え方、受け取り方、表現の仕方などを伝えて行きたいと思っています。

代表プロフィール

1973年 東海大学広報学科卒
1975年 (株)ズイヨー映像((株)日本アニメーションの前身)
*制作進行

■担当作品
フランダースの犬、草原の少女ローラ(テレビ)
1976年〜1985年 (株)トップクラフト
*制作デスクを経てプロデューサー(プロダクションマネージャーを兼任)

■日本担当作品
風の谷のナウシカ(劇場映画)
タイムボカン、ルパン3世、バーバ パパ(テレビ)
小学館の幼児雑誌“めばえ”題名“コアラボーイ コッキィ”(雑誌連載)

■海外担当作品
ラスト ユニコーン(アメリカ映画:アメリカの週間劇場興行成績8位にランクされました)
フロスティーズ ウィンターワンダーランド、クリスマスキャロル、
ハローキティ(テレビ)
ボンメル エンド トンプス(ヨーロッパ劇場映画)
ドクター スナッグル(ヨーロッパテレビ:NHKでの放送タイトルは“不思議博士の冒険”)
1985年〜1986年 (有)スタジオぎゃろっぷ
*プロデューサー

■担当作品
ハイスクール奇面組(テレビ)など
リトルズ(アメリカテレビ)など
1986年〜1989年 (株)シーアンドディー
*プロデューサー

■海外担当作品(アメリカテレビ)
ゴーストバスターズ(アニメーション版)
キングダムチャムス ビバリーヒルズティーンズなど
1989年〜 ビデオプロダクトティームウエイブを設立

■主な業務
□映像制作
・プロモVTR 新譜プロモーション(イルカ:夢ひとり、なごり雪<ニューバージョン>)、
地方局CM、製品プロモーションなど
・ステージ クラッシクバレエ、ジャズ、ヒップホップ、各種イベント
□教育関係
・金魚仮面がやってきた、いもほりじいさん、の作曲など
・教育現場での、映像記録のあり方講習
・ロープをつかった野外活動
・フリースクールの主催、不登校関連の講演、カウンセリング
2006年10月〜 ホームページ制作「デジタルファクトリ」と、システム開発「(株)ピリオド」と合流し、 社名を株式会社デジタルウエーブに変更
2010年04月〜 日本児童教育専門学校に講師として勤務。
ビデオ撮影トップ > ごあいさつ