クロコディロス 東京公演

その他サンプル映像はこちらでご覧頂けます! 早稲田大学グリークラブ様のコンサートのビデオ撮影・編集をさせて頂きました。 カメラ2台を使用し、メリハリのある映像編集、また曲のタイトルも挿入致しました。

ハーバード大学クロコディロス 東京公演

ハーバード大学クロコディロス
倶楽部グリーは早稲田大学グリークラブ OBによる合唱団の一つで、 1966〜69年度卒業生が中心となって活動しております。
発足の経緯は43年前、1966年2月の早稲田大学グリークラブの第16回送別演奏会は、 前年秋からの早大の授業料値上げ反対運動で学園全体が大荒れとなり、 全ての準備が完了していたにもかかわらず中止となりました。あのときのやり残したような、 気になって仕方がない気持ちに区切りをつけようと1995年10月に「30年目の送別演奏会」 が開催されました。そして、2005年2月に正式に「倶楽部グリー」が発足しました。
登録メンバーは1961〜71年卒の50人、 レパートリーは67年卒の丸山はるお編曲のポップスが中心です。 活動はクロコディロスの ’06〜’09東京公演を主催したほか、 荻窪音楽祭に毎年出演するとともに病院や介護施設の慰問や、小、中、高校を訪問して男声合唱の普及啓蒙を兼ねた演奏活動も行っています。
2009年9月には「倶楽部グリー創立5周年記念演奏会」を開催いたしました。2011年6月19日の「ハーバード大学クロコディロス’11東京公演」 は急遽東日本大震災チャリティコンサートとさせていただき、9月18、19日には石巻の3会場で演奏会を行い、集めた義援金をお贈りしました。 今年も「‘12東京公演」を東日本大震災復興チャリティコンサートとし、7月15、16日に石巻で演奏会を行い、義援金をお贈りいたします。
aaa aaa
aaa aaa

ハーバード大学クロコディロス

ハーバード大学のア・カペラ合唱団の中で最も古い歴史を持ち、最も有名な合唱団です。 1946年4人のメンバーにより始まりました。
現在メンバーは12人で、スウィング・ジャズ、バラード、ロックという華麗なレパートリーと、その優れた音楽性、自身による振り付けと敏捷な身のこなし、知的センスあふれるユーモアにより、全世界に好評博し、6大陸ワールドツアーを含め年間200回以上の公演を行っています。
聴衆は、アイゼンハワーからクリントンに至る歴代大統領 、モナコの故グレース王妃、タイ国故ブミオン国王、ジャズ歌手の故エラ・フィッツジェラルドなど。
特に巨匠故レナード・バーンスタインは彼らのために自作の曲を寄せ、「彼らの彼らの高い音楽性、多彩さ、センスの良さ、そして最高のものを目指す熱意に賛辞を惜しまない」と述べました。
クロコディロスは、ヘイスティー・プディングのバーで自然生まれたハーモニーから飛躍的に変化を遂げましたが、大切にしている、友情、兄弟愛、歌は、結成当時のままです。アイビーリーグの伝統に軽妙なスタイルと少年の熱意をまじえ、仲間意識と歌に培われた友情愛こそ、半世紀以上にわたって受け継がれ、メンバーの一人一人がハーバードの門を後にしてからも長く生き続けるものなのです。(コンサートのパンフレット抜粋)

倶楽部グリー

早稲田大学グリークラブ OBによる合唱団の一つで、 1966〜69年度卒業生が中心となって活動しています。
発足の経緯は43年前、1966年2月の早稲田大学グリークラブの第16回送別演奏会は、 前年秋からの早大の授業料値上げ反対運動で学園全体が大荒れとなり、 全ての準備が完了していたにもかかわらず中止となりました。あのときのやり残したような、 気になって仕方がない気持ちに区切りをつけようと1995年10月に「30年目の送別演奏会」 が開催されました。そして、2005年2月に正式に「倶楽部グリー」が発足しました。
登録メンバーは1961〜71年卒の50人、 レパートリーは67年卒の丸山はるお編曲のポップスが中心です。 活動はクロコディロス東京公演主催出演、杉並区の中学生とのジョイントコンサートのほか、 荻窪音楽祭に毎年出演するとともに病院や介護施設の慰問や、小、中、高校を訪問して男声合唱の普及啓蒙を兼ねた演奏活動も行っています。

ご希望の金額や内容に応じてビデオ撮影することも可能です 撮影のご依頼フォームはこちら お電話でも受付中! TEL042-669-0735
ビデオ撮影のお見積もり ご依頼はこちら
ビデオ撮影トップ > クロコディロス 09東京公演